掲載日:2009年12月22日
FXランド円スイングトレーダーKenのFX日記
ブログの著者:Ken
ブログURL:http://ktspot.de-blog.jp/blog/
FXランド円トレードの勝ちパターンを研究するブログです。ドル円もします。ドル円のスキャルピングでは一喜一憂しながら。。。
FXブログを始めたきっかけと、ブログ歴を教えてください。
ブログ歴は、まだ3カ月を過ぎたばかりの初心者です。車の運転で言えば、まだ若葉マーク付きの状態です。

ブログを始めたきっかけですが、今年の7月まではドル円のスキャルピングが中心でした。
ただ、7月以降、高金利通貨でもあるランド円の資金効率の良さに魅了され、スイングトレードに転身しました。
それ以降、時間にゆとりが出来ましたのでブログを始めることにしました。
だから、タイトルとは違いますが、ドル円のスキャルピングについての手法も公開しております。
ブログは、読んでいただいている方の参考になればと思います。

FX以外でもよいのですが、初めて投資を行ったきっかけや当時のエピソードなどがあればお聞かせください。
特にエピソードはありませんが、初めの頃は、1銭、100円の動きで、500円も勝てば感動していたことを覚えております。
そのうちに、1銭で10,000円動かないと感動しなくなりました。「初心忘るべからず」とはよく言ったものです。 1日、1,000円を目標にしていたあの頃が懐かしいです。

今までの投資経験の中で最も印象に残った勝ちトレードと負けトレードを教えてください。
印象に残る勝ちトレードは、ブログに掲載している内容ですが、ランド円のスイングトレードで楽勝を収めたことです。
まさに、「果報は寝て待て」の60万通貨ほったらかしの10日間スイングです。金額は、ざっと60万円でした。

印象に残る負けトレードは、指標発表時のエントリーで負ける筈のないトレードで負けてしまうことです。負ける理由は、スリッページでした。
現在、その業者には、数千円だけ残し利用していません。スキャルピングでは業者選定が鍵ですね。
取引経験の中でリスク管理のことや精神的なことなどいろいろ学ばれたことがあると思いますが、 最も勉強になったことは何ですか?また、その時の状況などもお聞かせください。
直感でトレードしては必ず負けるということが分かりました。トレード前には、明確なプランが必要です。
勝率に拘らないことは勿論ですが、1回の損失額は証拠金の5%以内に設定しています。
取引の目安は、リミット設定がストップロス設定の2倍以上の時にエントリーするようにしています。
あと、重要なことは、自分のトレードルールを作り、それを忠実に守ることです。トレードルールはブログの中で公開しております。

FXトレードを行う時に心がけていることはありますか?
特にありませんが、スキャルピング中心の時は、経済指標発表前には必ずトイレを済ませておきました。
あと、体調の悪い時や、レンジ相場の時にはトレードをしないこと、それくらいです。

FXトレードを行うときに様々な情報をご覧になっていると思いますが、 特に重要視している情報(ウェブサイト、メルマガ、アナリストレポートなど)はありますか?
また、主なテクニカル指標や注目しているファンダメンタルなどの材料は何ですか?
チャート分析が中心です。ボリンジャーバンド、EMA等を利用しております。
トレードではダウ理論に従っております。ファンダメンタルズは日経新聞を読む程度でほとんど気にしません。
ただ、米国等の経済指標にはいつも注目しております。

主なトレード期間(スキャルピングやスウィングなど)とトレード手法(トレンド系、逆張り系など)を教えてください。 また、それらに至った経緯をお聞かせください。
かつては、スキャルピング、今はスイングですが、トレード手法はトレンド系です。
値ごろ感で買える株とは違いますので、FXでの逆張りはリスキーです。
何故、トレンド系に至ったかは、FXが株以上にトレンドが発生しやすいからです。

最後に、投資の世界で生き残るために何が必要だと思いますか?
自分の作ったルールを忠実に守れる人が最後まで生き残れるのだと思います。
1回のトレードに集中することは勿論ですが、エントリー前に集中することが重要だと思います。
そして、何よりも損切りを躊躇なくできる人が最後には勝てるのだと思います。

Kenさん、ありがとうございました。



メタトレーダーの自動売買で儲ける

ダメおやじの全財産をかけた崖っぷちFX日記

FX比較研究レポートo(≧▽≦)b

 
⇒ブログ登録はこちらから




お取引の前にご確認ください。

各種お問い合わせ窓口 携帯・PHS 0120-69-1424

外国為替証拠金取引は値動きのある外国為替を対象としているため、元本や収益が保証されているものではなく、また、証拠金の額に比べて50倍もの金額の取引を行うため、市場環境や金利、為替相場の変動幅によっては元本以上の損失を生じる可能性を含んでおります。取引にあたっては事前に取引ガイド・約款を熟読し、内容並びにリスクをよくご理解ください。取引に必要な証拠金は総取引金額の2%(ランド/円は10%)です。(例えばドル/円=95円とするとドル/円の1ロット(=1万通貨)あたりの証拠金は19,000円(1万ドル×95円×2%)です)。ただし、法人口座については1%又は0.4%(レバレッジは最大250倍)の選択が可能です。証拠金額は為替レートに連動して常に変動します。取引手数料は0円(無料)です。ただし、ドルを受渡しする場合は1件あたり1万円がかかります。当社の提示するレートには、売付価格と買付価格に価格差(スプレッド)があります。スワップポイント(通貨間の金利格差による受払)も、受取スワップと支払スワップの額には差額があります。スプレッド及びスワップポイントともに各通貨ペアによって異なり、変更される場合があります。取引システムや通信回線等の障害によっては、受発注、執行等が行えない場合があります。 ウルトラチャートを含む投資支援ツール等が表示する数値、シグナル等につきましては万全を期しておりますが、その有用性や利益を保証するものではありません。<取引形態:店頭金融先物取引>

三京証券株式会社 〒103-0025 東京都中央区日本橋茅場町2-13-13 共同ビル7階 Tel 0120-69-1424
金融商品取引業者 関東財務局長(金商)第2444号 日本証券業協会会員(社) 金融先物取引業協会会員(会員番号 1154)