掲載日:2011年5月11日
リアルタイムFX
ブログの著者:rui
ブログURL:http://blog.0475town.com/
エリオット波動やペンタゴンチャートを使ったテクニカル分析。
FXブログを始めたきっかけと、ブログ歴を教えてください。
ブログは2008年11月からです。
相場の分析のために毎日の値動きを記録しようとしたのがきっかけで、今では予想を書くのがメインになりました。


FX以外でもよいのですが、初めて投資を行ったきっかけや当時のエピソードなどがあればお聞かせください。
子供の頃に、映画「ウォール街」を観ていたので投資自体に興味があり、また、前回の円高時には海外のギターアンプが安く買えたり、スーパーでは円高還元があったので、為替にも以前から興味がありました。
為替が個人で手軽に取引出来るようになり、チャンスだと思いはじめました。


今までの投資経験の中で最も印象に残った勝ちトレードと負けトレードを教えてください。
負けトレードは、FXをはじめた当時、豪ドル円のスワップが魅力だったので、外貨預金のつもりで保有して強制ロスカット。
円売りバラ色の雰囲気に騙されました。といっても相場というものを全くわかっていなかったので、自分が馬鹿だったんだと反省しています。

勝ちトレードはリーマンショック。
あの時はポンド円で短時間に20円以上落ちたんじゃないかな?
売って、売って、売って、最後の乱高下も売ったり買ったりの繰り返しでかなりの利益になりました。
でも、あの時はドンドン下がっていくのが怖くて、利益が上がってるのに恐怖を感じました。
世界経済の終わりを見ていたような気分でしたね。 その後は、リーマンショックの値動きを見た後遺症か、トレードが怖くて損切り100連発ぐらいやって、利益は0になりました。


取引経験の中でリスク管理のことや精神的なことなどいろいろ学ばれたことがあると思いますが、 最も勉強になったことは何ですか?また、その時の状況などもお聞かせください。
最も勉強になったのは、やはりサブプラ、リーマンショックでしょうね。
あの経験が出来たのは良かったと思います。
プラザ合意後の円高チャートを見て、ドル売りすれば良いだけの簡単な相場じゃん!こういう相場が来たら大儲けじゃん!!って思ってましたが、全然簡単ではないという事が良くわかりました。

FXトレードを行う時に心がけていることはありますか?
とにかくロボットになる事。そして、早めの利食い。
最近はスイングっぽいトレードになって来たので実践出来てませんが、以前のトレード手法に戻したいと思っています。

FXトレードを行うときに様々な情報をご覧になっていると思いますが、 特に重要視している情報(ウェブサイト、メルマガ、アナリストレポートなど)はありますか?
また、主なテクニカル指標や注目しているファンダメンタルなどの材料は何ですか?
以前はいろいろな人のブログを見たりしてましたが、最近は全く見ません。
テクニカルでは、エリオット波動理論、ペンタゴンチャート、フィボナッチ、ボリンジャーバンド、一目の基準線、MACDを活用しています。
ファンダメンタルとして活用はしていませんが、経済ニュースとして、ロイターやブルームバーグは読みます。

主なトレード期間(スキャルピングやスウィングなど)とトレード手法(トレンド系、逆張り系など)を教えてください。 また、それらに至った経緯をお聞かせください。
スキャルやデイが多いです。スイングよりも効率が良いので。
トレンドの向きを考慮しつつ、順でも逆でも入ります。

最後に、投資の世界で生き残るために何が必要だと思いますか?
とにかく資金管理。これが全てだと思います。


ruiさん、ありがとうございました。



メタトレーダーの自動売買で儲ける

ダメおやじの全財産をかけた崖っぷちFX日記

FX比較研究レポートo(≧▽≦)b

 
⇒ブログ登録はこちらから




お取引の前にご確認ください。

各種お問い合わせ窓口 携帯・PHS 0120-69-1424

外国為替証拠金取引は値動きのある外国為替を対象としているため、元本や収益が保証されているものではなく、また、証拠金の額に比べて50倍もの金額の取引を行うため、市場環境や金利、為替相場の変動幅によっては元本以上の損失を生じる可能性を含んでおります。取引にあたっては事前に取引ガイド・約款を熟読し、内容並びにリスクをよくご理解ください。取引に必要な証拠金は総取引金額の2%(ランド/円は10%)です。(例えばドル/円=95円とするとドル/円の1ロット(=1万通貨)あたりの証拠金は19,000円(1万ドル×95円×2%)です)。ただし、法人口座については1%又は0.4%(レバレッジは最大250倍)の選択が可能です。証拠金額は為替レートに連動して常に変動します。取引手数料は0円(無料)です。ただし、ドルを受渡しする場合は1件あたり1万円がかかります。当社の提示するレートには、売付価格と買付価格に価格差(スプレッド)があります。スワップポイント(通貨間の金利格差による受払)も、受取スワップと支払スワップの額には差額があります。スプレッド及びスワップポイントともに各通貨ペアによって異なり、変更される場合があります。取引システムや通信回線等の障害によっては、受発注、執行等が行えない場合があります。 ウルトラチャートを含む投資支援ツール等が表示する数値、シグナル等につきましては万全を期しておりますが、その有用性や利益を保証するものではありません。<取引形態:店頭金融先物取引>

三京証券株式会社 〒103-0025 東京都中央区日本橋茅場町2-13-13 共同ビル7階 Tel 0120-69-1424
金融商品取引業者 関東財務局長(金商)第2444号 日本証券業協会会員(社) 金融先物取引業協会会員(会員番号 1154)