掲載日:2010年5月14日
FXで勝利の音色を奏でよう♪
ブログの著者:ギター少年
ブログURL:http://jaguar5150.seesaa.net/
スイングトレードを公開!トレード方法は主にテクニカル分析で市場心理も考慮しています。ブログの内容は『結果論』ではなく、これからの値動きを様々なテクニカル分析で予測しトレードアイデアを更新しています!!
FXブログを始めたきっかけと、ブログ歴を教えてください。
FX歴は2010年で5年目になりますがブログ歴は2年半です。

ブログを始めたきっかけなのですが、
①毎回の取引を根拠のある取引にする為ブログに記事を残そうと思いはじめました。

②今の自分の相場観をwebで公表するので
「人に見られても恥ずかしくない分析を記事にしなくては!」
と自分を追い込む事により分析力アップの為でもあります。

FX以外でもよいのですが、初めて投資を行ったきっかけや当時のエピソードなどがあればお聞かせください。
初めて投資をしたのは「12dailyPro」というアメリカのオートサーフでした。
投資になるのかな(苦笑

こちら(日本)で向こうの状況をブログなどで調べてるときに、オートサーフからFXに転向するという方の記事を見てFXの存在を知りました。

今までの投資経験の中で最も印象に残った勝ちトレードと負けトレードを教えてください。
●勝ちトレード
2007年2月「上海発世界同時株安」でクロス円が急落したあと、3月から116円台でドル円を5回にわけてロングし、同年7月上旬にサブプライムショックが起こる前に122円台で決済した事です。
当時は資金管理もなってなくサブプライムショックが起きたあと、冷静に自分の取引を振り返り「今回は運が良かっただけ、判断が少し遅れてたら大変な事になってた」と事の深刻さを考えさせられた時期でもありました。

●負けトレード
時期ははっきりと覚えてないですが、2007年の1月だったかな。
前日からハイレバで持ち越しして利益がでていたポジションがあったのですが、その日のトウキョウ時間8:50分に注目されてた指標があったので、30分前ぐらいから決済しようと証券会社にログインしてもサーバダウンでログインできず。
結局決済できたのが9時過ぎでした。
もちろんポジションは真っ赤になりました。

取引経験の中でリスク管理のことや精神的なことなどいろいろ学ばれたことがあると思いますが、 最も勉強になったことは何ですか?また、その時の状況などもお聞かせください。
FXをはじめた頃は、プロしか知らない「必殺チャート」があると思っていました。
ありもしない「エントリーすれば高い勝率で勝てる手法」をかなり長い期間研究し続けましたね。

結局成果はでなくて、ある日資金管理やリスクリワードレシオの方に目を向けて、これらを気にしながら取引をした方が成果がでて、当時一つの壁を乗り越えた手応えを感じました。
そこから視点を変えて分析するようになりました。

この時期に「投資苑」という本を読んでいたのですが、著者アレキサンダーエルダー氏が言われている投資において必要な3つのM。
Money(資金管理)Mind(メンタル)Method(手法)これら全てを網羅しないとトレーダー人生は絶たれるとその時気づきました。

FXトレードを行う時に心がけていることはありますか?
常に冷静を保つこと。
小さい時間軸を監視していても定期的に大きい時間軸を必ず確認する事です。

FXトレードを行うときに様々な情報をご覧になっていると思いますが、 特に重要視している情報(ウェブサイト、メルマガ、アナリストレポートなど)はありますか?
また、主なテクニカル指標や注目しているファンダメンタルなどの材料は何ですか?
基本テクニカルのみのモデル系です。ファンダメンタルは重要指標の時間だけ気にしています。
あとはIMMのポジションを気にするぐらいですね。
他の方の相場観は気にしないのですが、大多数が同じ相場観で自分の相場観も一致したときは気をつけるようにしています。

使用しているテクニカルは私のブログで公表しています。

主なトレード期間(スキャルピングやスウィングなど)とトレード手法(トレンド系、逆張り系など)を教えてください。 また、それらに至った経緯をお聞かせください。
トレードスパンは「ポジション」「スイング」「デイトレ」をやっています。
それぞれの時間軸によって手法は全然違います。
トレード手法は「トレンド系」「カウンター系」どちらも使っています。

最後に、投資の世界で生き残るために何が必要だと思いますか?
先程の3つのMが大事だと思います。
Money(資金管理)Mind(メンタル)Method(手法)

この3つの中でも特にMind(メンタル)だと思います。
取引が不調になる時期が必ずあると思いますが、そこで冷静さを失うとハチャメチャなトレードとなりドローダウンが大きくなります。

メンタル・・・
こればっかりは鍛えようがないですが、メンタルを崩さないためにも資金管理を徹底し、ストレスを感じるような手法はなるべく使わない事が良いと私は思います。
冷静なメンタルを保ち、不調な時期をいかに怪我を少なく、好調な時期にいかに勝負できるかの駆け引きができる人がトレーダーの器を決定付けるものだと思います。

ギター少年さん、ありがとうございました。



メタトレーダーの自動売買で儲ける

ダメおやじの全財産をかけた崖っぷちFX日記

FX比較研究レポートo(≧▽≦)b

 
⇒ブログ登録はこちらから




お取引の前にご確認ください。

各種お問い合わせ窓口 携帯・PHS 0120-69-1424

外国為替証拠金取引は値動きのある外国為替を対象としているため、元本や収益が保証されているものではなく、また、証拠金の額に比べて50倍もの金額の取引を行うため、市場環境や金利、為替相場の変動幅によっては元本以上の損失を生じる可能性を含んでおります。取引にあたっては事前に取引ガイド・約款を熟読し、内容並びにリスクをよくご理解ください。取引に必要な証拠金は総取引金額の2%(ランド/円は10%)です。(例えばドル/円=95円とするとドル/円の1ロット(=1万通貨)あたりの証拠金は19,000円(1万ドル×95円×2%)です)。ただし、法人口座については1%又は0.4%(レバレッジは最大250倍)の選択が可能です。証拠金額は為替レートに連動して常に変動します。取引手数料は0円(無料)です。ただし、ドルを受渡しする場合は1件あたり1万円がかかります。当社の提示するレートには、売付価格と買付価格に価格差(スプレッド)があります。スワップポイント(通貨間の金利格差による受払)も、受取スワップと支払スワップの額には差額があります。スプレッド及びスワップポイントともに各通貨ペアによって異なり、変更される場合があります。取引システムや通信回線等の障害によっては、受発注、執行等が行えない場合があります。 ウルトラチャートを含む投資支援ツール等が表示する数値、シグナル等につきましては万全を期しておりますが、その有用性や利益を保証するものではありません。<取引形態:店頭金融先物取引>

三京証券株式会社 〒103-0025 東京都中央区日本橋茅場町2-13-13 共同ビル7階 Tel 0120-69-1424
金融商品取引業者 関東財務局長(金商)第2444号 日本証券業協会会員(社) 金融先物取引業協会会員(会員番号 1154)