≪トップメニューに戻る

<このケーススタディはFX専用SNS「PREMIUM」から一部を転載したものです>

    ユロ円H&S狙い叩き売りからのがっつり頂き売りパターン
    (2010年7月14日トレード)

    H&S(ヘッド&ショルダー)狙いの叩き売りからいったん利食いを入れて、 がっつり頂き売りパターンへとつなげる連続ショート技。

    1.MA300手前でタッチを待たずにH&S狙いで叩き売り(矢印+点線ライン)

    「一流のエントリーポイントとは、反転する確率が高いということではなく、 リスクリワードが高い確率が高いということ。
    ここは勘違いやすいところであり、とても大事なところ」

    2.ピタリと反転下落へ。

    3.いったん戻し再急落したあとモミモミ。。

    4.雲上限で力尽き急落へ。当初のターゲットのH&Sの肩+雲下限。
    がっつり頂き売りパターン形成の戻りを狙ってここでいったん利食い +107p

    5.その後、狙い通り反発。がっつり頂き売りパターンを形成。

    6.待ち構えたMA24タッチで再度叩き売り(矢印+点線ライン) 
    本トピ16のコメント233

    7.狙い通り反転。

    8.うほほ~い!\( ̄∀ ̄*)/

    9.すぐに十分利が乗ったのでここで利食い +119p(下の矢印+点線ライン)



    ≪トップメニューに戻る