≪トップメニューに戻る

<このケーススタディはFX専用SNS「PREMIUM」から一部を転載したものです>

    コアラ円売りと利食いの交響曲
    (2010年1月29日トレード)
    コアラ円1h

    1.週明けオープンで思いっきり下窓があいたところで
    手持ちショートの利食い +82p(矢印+点線ライン)。

    2.順調に窓うめに向かう。

    3.日足。MA200タッチの際でもあることがわかる。

    4.その後。上記1での利食いポイントは正解。

    5.ここで売り指値をセット(上の点線ライン)。MA200+節目を狙ってここまで引きつける。

    6.雲抜け上げてきたところを、指値には届かないと判断して成行で売り!
    (上の矢印+二番目の点線ライン)。同時に上記5の買い指値(一番上の
    ライン)を取り消し。本トピ3の766でリアルタイムに記載。

    7.その後。やはり元の指値には届かず反転下落へ。

    8.┣¨┣¨━ン!!うほほ~い!\^o^/

    9.そしてここで利食い! +134p(右下の矢印+点線ライン)

    10.ほらねw 利食い後。ピタリと反転上昇へ。

    11.さらにその後。


    ≪トップメニューに戻る