≪トップメニューに戻る

<このケーススタディはFX専用SNS「PREMIUM」から一部を転載したものです>

 

    コアラ円の引きつけロングと利食い場の検証
    (2010年1月12日トレード)

    コアラ円1h

    1.急落を引きつけて引きつけて狙い澄ましたMA300をバックのロング
    (矢印+点線ライン)
    連続陰線の数を見てほしい。ここまで引きつければ単純玉でも
    まず負ける確率は少ない。しかし実際にやるのは心理的にかなり至難の業である。

    2.その後。予定通りMA300でピタリと反転上昇へ。

    3.さらにその後。ほらねw

    4.雲下なのでここの節目で手堅く利食い +112p(矢印+点線ライン)

    5.遠景。節目がわかりやすいように。

     

    6.その後。利食い後ピタリと反転下落へ。