【直前特集】現状維持見込みも、インフレ見通しなどに注目

ブログ名:山岡 和雅
 20時に英中銀金融政策委員会(MPC)の結果と議事録が公表されます。 さらに、今回は四半期インフレ報告が同時に公表され、 20時半からカーニー英中銀総裁が記者会見を行うというスーパーサーズデーで当たっています。  金融政策の大きな変更はスーパーサーズデーに行われることが多い為注目度の高い回ですが 今回は現状維持見込みとなっています。  英国のインフレ、消費者物価指数(CPI)はここ二回続けて前年比+2.3%と ターゲットの2.0%を超えてきており 本来であれば現状の英国にとって史上最低金利である0.25%などにとどまる水準ではありませんが ブレグジットへの警戒感からカーニー英中銀総裁は緩和政策の維持姿勢を崩しておらず 当面は現状維持が続くと見られています。 また、先月28日に発表された1-3月期のGDPが予想及び第4四半期を下回る前期比+0.3%まで鈍化しており 金融引締めを急ぐ状況にもありません。  とはいえCPI2.3%は現状の英国にとってかなり高め。 このあたりの説明を総裁が会見でどうつけるのか。 また、四半期インフレ報告でのインフレ見通しがどうなっているのかなどが注目ポイントです。

山岡 和雅 の新着記事

このブログの著者:山岡 和雅のダックビル為替研究所
分析、心理、知識などいろいろな側面から為替市場に切り込みます。
 



メタトレーダーの自動売買で儲ける

ダメおやじの全財産をかけた崖っぷちFX日記

FX比較研究レポートo(≧▽≦)b

 
⇒ブログ登録はこちらから