南アランドはどこまで行くのか!財務相人事を巡るゴタゴタ再び

ブログ名:山岡 和雅
南アランドが暴落している。 最初の動きは27日。 ズマ大統領が訪英中であったゴーダン財務相らに急きょ帰国を命じたとの報道であった。 ゴーダン財務相は南アへの投資を呼び込むための機関投資家向けの投資説明会(ロードショー)を 英国そして米国で行う予定での訪英であり、 ロードショーを直前で注視しての帰国命令に 財務相解任の噂が流れ、ランド売りを呼んだ。 ドルランドは12.30近辺から一気に12.80超え。 その後もドル高ランド安が進み13の大台を超える動きが見られた。 その後、議会による財務相解任反対姿勢などに少し調整が入ったが 30日同国深夜(日本時間31日)に、 ズマ大統領はゴーダン財務相を含む9閣僚を解任。 新財務相に金融やビジネスに関するキャリアに乏しいギガバ内相を充てる内閣改造を発表した。 この決定に市場は大きく反発。 ドルランドは13.60超えまでドル高ランド安が進んでおり、 27日の帰国命令前から比べると 10%以上ランド安が進むという展開が見られた。 今回の決定は与党ANCの中からも強い批判を浴びており 党の分裂も含めた反応が予想されること。 ズマ大統領に対する解任動議につながる可能性があること。 ぎりぎりジャンク手前で踏みとどまっている同国格付けがジャンク級に落ちる可能性があることなどが ランドの売りを誘った格好。 財政規律意識の強いゴーダン財務相は もともとズマ大統領と相性が悪く 2014年にいったん財務相を退任。 代わって迎えたネネ財務相が財政再建を志向したところ 2015年12月にネネ財務相を突然解任し 金融経験に乏しく閣僚実績もそれほどないバンルーエン氏を財務相に充てて 市場に大きな反発を食らい 数日でゴーダン氏を新財務相としたという経緯がある。 当時のばたばたでランド相場は大いに混乱に陥ったが そうした状況が再び生じそうな事態となっている。 とはいえ、南ア最大の民族ズールー族出身で 大衆の支持も高い大統領は 09年、14年とANCを率いて選挙に圧勝しており、 ズマ大統領を支持する勢力もかなりある 当面は混乱の回避は難しそう。 マーケットはゴーダン氏の財政規律路線が 南アランドの安定につながるとみて指示していたが 今後はかなり厳しい状況が生じそう。 ジャンク級に格下げを食らうと 機関投資家の資金はある程度流出せざるを得ない部分がある (ファンドの規定でジャンク債への投資が制限されているケースが多い)ため もう一段大きなランド安も十分にありそう。 当面は目を離せない状況が続きそう。

山岡 和雅 の新着記事

このブログの著者:山岡 和雅のダックビル為替研究所
分析、心理、知識などいろいろな側面から為替市場に切り込みます。
 



メタトレーダーの自動売買で儲ける

ダメおやじの全財産をかけた崖っぷちFX日記

FX比較研究レポートo(≧▽≦)b

 
⇒ブログ登録はこちらから