来週は米雇用統計、FOMC政策金利・声明発表、RBA政策金利発表など重要イベント目白押し

2017年4月30日更新
為替予想チャート

今週の為替相場は、全体的に円安方向への動きが目立った1週間となりました。まず地政学的リスクが後退したことが大きな要因ですが、仏大統領選挙の第1回投票でマクロン氏とルペン氏が決選投票に進むことが決定したことも大きかったですね。

これによってユーロ買いが大きく進む結果となりましたし、前週にメイ首相演説で買われたポンドとともに欧州系通貨が強い位置を維持しつづけた週だったと思います。

この動きによって為替予想チャート(過去記事)も日足が少し改善。1週間前はドル円で108円割れからの105円台というシナリオも見えていたものが、現時点では108円を維持する予想となっています。

このような中で来週は米雇用統計、FOMC政策金利・声明発表のほか米国の重要指標や要人発言が多く予定されており、このまま円安方向への動きが加速するか、再び円高トレンドに戻るのか重要な1週間となりそうです。

為替見習のFXブログ - FX歴6年の取引実績・為替相場予想+分析を掲載 の新着記事

このブログの著者:為替見習
FX(外国為替証拠金取引)は2002年6月にスタート。本業のかたわら副業でFX(外国為替証拠金取引)をしています。 2002年はマイナス。2003年からは幸い毎年勝てていますが、勝っているときこそ問題
 



メタトレーダーの自動売買で儲ける

ダメおやじの全財産をかけた崖っぷちFX日記

FX比較研究レポートo(≧▽≦)b

 
⇒ブログ登録はこちらから